MIKADO BLOG

富岡市の菓子店 「仏蘭西菓子 MIKADO」オーナーシェフのブログ。店舗情報からプライベートなことまで。

初詣に少林山達磨寺へ  

朝、珈琲を楽しみながら新聞を読む。なかなかできない貴重な休日。

散髪、yogaと続き、夕暮れ前に実は初めての少林山。









今年の達磨がようやく我が家に。


いい休日^ ^



category: プティガトー

tb: 0   cm: 0

『やよいひめのタルト』はじまりました。  

『やよいひめのタルト』はじまりました。

高級フレッシュバターのタルトに良質なやよいひめ、天然バニラビーンズの自慢のカルタードクリーム。

1個 470円(税込507円)




※原材料高騰に伴う価格改正のお知らせ :
ここ数年の原材料価格の高騰はニュースなどでも取り上げられているように著しいものがあります。私共もこれまで日々努力を重ねて参りましたが、現状維持でのご提供が困難な状況となりました。バターやアーモンド、特に天然のバニラビーンズに至ってはありえないほどの高騰となっております。当店といたしましても様々な角度から検討しました結果、原材料価格を抑えて品質を落とすことをミカドのお客様は望まないであろう…と考え、大変心苦しいのですが、一部の商品の価格を改正させていただきます。
大変申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
これからもミカドはここでしかできない質の高い店づくり・菓子作りに励みたいと想います。


category: プティガトー

tb: 0   cm: 0

今シーズンもモンブランは人気  



今シーズンもすでに登場しましたモンブラン、やはり人気のようです。

待っていてくださったみなさま、いつもありがとうございますm(__)m




いつも通りの自慢のタルトは、発酵バターのサクサク生地とフレッシュバター、アーモンド、たまご、サワークリームなどのリッチなアーモンドクリームを流し込み、しっかりと焼き上げています。
その上にカスタードクリーム。渋皮栗を敷き詰め、生クリーム。
そしてメインのマロンクリームは、芳醇なフランス産マロンとバター、ラム酒に生クリームなどから独自の製法で作り上げた濃厚な栗のクリームです。冷たい時にはこの表面のクリームは一見硬いようにも感じられるかもしれませんが、お口に含めば、すーっと溶けていきます。
その製法は数年前からのものですが、毎年、試行錯誤しながら向き合っております。

そんなことでモンブラン、今年もよろしくお願い致します。

モンブランのご用意は桜の花が咲く頃までの予定です(クリスマス時期はお休み)


※スタッフ募集しています。詳しくはこちらから
http://mikado136.blog.fc2.com/blog-entry-366.html?sp



category: プティガトー

tb: 0   cm: 0

いちじくのタルト 今だけです。  



毎年、今の季節、短期間限定でご用意しているいちじくのタルト

果実自体の収穫期も短いですし入荷も不安定なことから、長い期間のご用意は難しくなります。

生とドライの2種の無花果を使って、ほのかなオレンジ風味のタルトと合わせ、シナモンシュガーをふりかけてしっかりと焼き上げたフランス菓子です。





お味の好みは分かれると思いますが、シックな中の華やかさはピカイチのMIKADOらしいお菓子だと思っております。

そんな、いちじくのタルト、あと数日でおしまいです。

追記・今シーズンの販売は終了いたしました。





category: プティガトー

tb: 0   cm: 0

ミルフィーユ  



実に2年ぶりの登場となりました「ミルフィーユ」

手折りパイとカスタードのシンプルな組み合わせだけに素材の良し悪しが素直に出ます。

パイもいい感じに仕込め、焼きも若い頃より良くなったと思っております♫














8月28日までの予定です。



category: プティガトー

tb: 0   cm: 0